人生は、楽しいストーリーにしたもの勝ちだ

レベル1から始める人生劇場、行きまーす!

【人生逆転クエスト第1話】『コミュニケーション経験値』からすべてが始まる

いらっしゃい。ここは成幸亭、成幸したい冒険者のための出会いと別れの酒場だよ。

今日は、何がお望みかな?

 

========================

人生逆転クエスト第1話

『成幸のための2つのレベル』

========================

 

「ねえ、マスター。私ね、自分の好きなことをやって生きていきたい、好きな人に囲まれて、お金もしっかり稼いで、楽しい人生送りたいって思って活動してきたの。でも、空回りが多くってさ」

 

「空回り?」

 

「例えば、交流会に出たり、そこで会った人に連絡取って個別に会ったり、いろんなセミナー出て学んだり、声掛けしたり……。でも、そういうことをしても、断られまくるし、裏目に出るし、連絡取れなくなるし、嫌われることが多くて。ぶっちゃけ、しんどくなってきちゃったんだよね」

 

「なるほどなぁ……嬢ちゃんは挑戦し始めた時期だからなぁ。『失敗は成功の元』とか言われても納得できないんだろ?」

 

「うん。頭ではわかってるんだよ、1の成功の前に99の失敗があるってよく言うし。でも、その失敗のダメージが大きくて、対応してるうちに時間ばっかり経っちゃうの」

 

「なるほどな……多くの人が諦める部分だな、そこは。逆を言えば、そこを越えられたら早くなるぞ。

じゃあ、まずは成幸に必要な2つのレベルの話から始めるとするか」

 

「2つのレベル?」

 

「ああ。成幸には2つのレベルが絡んでいる。『コミュニケーションレベル』と『スキルレベル』だ。この2つを掛け合わせたものが、その人の実力を表すレベルになるってことだな」

 

「スキルレベルはわかる。専門知識とか技術のことだよね。コミュニケーションレベルも、まあ……なんとなくわかるかな」

 

「その『なんとなく』が問題なんだ。今日は『コミュニケーションレベル』の話をしてみよう。作者含め、ここでつまづいたケースが多いからね」

 

「作者?」

 

「あ、いやこっちの話。

コミュニケーションレベルは、言葉にするなら『相手と心を通じ合える力』『相手の気持ちを思いやる力』『相手の本音を見抜く力』『好かれる力』……色んな表現があるが、人と良い関係を築く力と考えてくれ。

このコミュニケーションレベルは経験値によって上がっていくんだ。経験値100でレベル2、30000でレベル8といった風に、積み上げていく」

 

「そのまんま、ゲームのレベルアップ方式なんだね。その経験値はどうやって決まるの?」

 

「基本は掛け算だ。

『出会ってきた、接してきた人の人数』
『好きな人の数(恋愛に限らない)』
『普段から話している人の人数』
『気軽に連絡が取れる人の人数』
『コミュニケーションについて学んだ時間』
『友人、恋人等、深い付き合いになった人数』
『深い付き合いの後、別れた人数』
『本音を話した数』
『夜通し語り合った回数』
『ケンカしてきた数』
『友達と呼べる人の数』
『経験してきた職業の数』

……まだまだあるが、要するに『人と接した数、頻度、期間』をかけていく。

これによって出た数値が『コミュニケーション経験値』。それによって、その人の『コミュニケーションレベル』が決まる。ここまでは分かるか?」

 

「うん、オッケー!」

 

「で、この『コミュニケーションレベル』こそ、人生を楽しく生きたり、好きなことをしてお金を稼ぐには絶対に必要な力なんだ。単純に考えて、レベル30の戦士とレベル5の戦士じゃ、できることも行ける場所も稼げる額も違って当然だろ?」

 

「そりゃそうだよね」

 

「……で、だ。ここからが重要なんだが。
『自分のコミュニケーションレベルがいくつなのか』の自覚があるかないかで、人生を気持ちよく生きられるかどうかが大きく変わる

 

「?」

 

「例えば、レベル3の人間が推奨レベル30のダンジョンに挑んだらどうなる?」

 

「瞬殺される」

 

「だよな。考えなくたって分かることだ。じゃあ、そのレベル3の人間が『自分はレベル30だ!』と思い込んでたら?」

 

「やっぱり瞬殺される」

 

「当然だな。じゃあ、その戦士が『俺は……俺はなぜ負けたんだ……』ってぐずってたら、君はどう声をかける?」

 

「そりゃ『あなた、レベル3だからね』って言うしかな……あ」

 

「そう。彼が落ち込んでいるのは『自分のレベルを見誤った』からだ。レベル3の自覚があれば、レベル30のダンジョンで瞬殺されても文句は言わない。挑戦するダンジョンをレベル6にしたり、それでも覗いてみたかったんだと納得したりするだろう」

 

「こう聞くと、当たり前の話だけど……コミュニケーションでも同じことが言える、と」

 

「その通り。『10年間飛び込み営業職で5,000人に会ってきた、イベント好きの女性』と『従業員5人の会社の事務を10年務めてきた、アニメを見るのが趣味の女性』だと、それこそレベル30とレベル3ぐらいの差がついてておかしくないだろ?」

 

「……確かに。それって能力じゃなくて、単純に経験の差だよね」

 

「ああ。そして、好きなことでビジネスしている人は、基本的にコミュニケーションレベルが高いんだ。レベルは経験値で決まる、つまり経験量が違う」

 

「言われてみると、成功してる人は前職が営業だったり、何千件ものセッションをこなしてたり……すでにレベル上げが進んでるんだ」

 

「そういうこと。だから、今の自分のコミュニケーションレベルがいくつなのか、まず自覚することだ。

ハッキリ言って、レベル3の人間がレベル30の人間と結果を比べることに意味はない。

大事なのは、レベル3の自覚を持ちつつ、『じゃあ4になるにはどうしたらいいんだ?』って考えることだ。さっきの例に出した通り、経験値には成功か失敗かは関係ないからね、何もかもが経験になる」

 

「……確かに、レベル10とか30とか50の人と比べてたかもなぁ。華々しい結果を見ては『私はなんでできないんだろう』って落ち込みまくってた。レベル3がレベル30のダンジョンに入ってたら、そりゃ瞬殺されまくって当然だよね」

 

「そういうことだ。もう一度言うが、コミュニケーションレベルは経験値で決まる。つまり、今レベル30の人にもレベル3の時代があったんだ。同じように、君が今レベル3でも30にのぼりつめることはできる。だからこそ、『今どういう状態なのか』を知ることが大事なんだよ」

 

「今がレベル3だと思うと、逆に気が楽になるね」

 

「ああ。その自覚が『気持ちよく行動する』ための第一歩なんだよ」

 

================================================

本日のTIPS

● 自分のコミュニケーションレベルを自覚する

● 成功者はコミュニケーションレベルが高い

● レベル上げに必要なのは『経験値』

● 比較ではなく『自分がレベルアップするには?』を考える

=================================================

LV3から始める人生逆転クエスト、開幕。

こちらは成幸亭。

成幸したい冒険者が集まる、出会いと別れの酒場。

今日は、何がお望みだい?

 

というわけで

 

この度

 

『LV3から始める人生逆転クエスト』という連載を始めることにしました。

 

● 好きなことをして稼いで幸せになりたい!

● もっと気持ちよく行動して、勢いつけたい!

● 自分らしい仕事で活躍したい!

● 好きな人に囲まれて生きていきたい!

● 酸いも甘いも活かすメンタルを鍛えたい!

● コミュニケーションする勇気が欲しい!

● いつでも前向きになるキッカケを見つけたい!

 

そんなあなたのための

ゲームネタ、マンガネタ盛り盛りの、対話形式コンテンツ。

 

私自身がここ4年間で学んできたことをベースに

『好きなことで稼いでいきたい冒険者(レベル3)』と、『冒険者の成長を見守るのが趣味のマスター』の対談形式で、『好きなことをして稼いでいく』『ファンと一緒に成長しながら成幸し続ける』ポイントに迫っていきます^^

『クエスト』の名の通り、ドラクエネタは全力で盛り込む予定です(笑)

 

なぜ『レベル3から始める』なのか?というのも、ゆくゆくはお話していきます。

レベル1からではないのには、ひそかに意味があるのです。

 

気軽に読めてピンとくるコンテンツとしてお楽しみください^^

俺が信じるお前を信じろ、からのスタート

『自分を信じる』ことの大切さは

もう、耳タコタコ焼き屋ができるぐらい

言われに言われていることですが

 

この考え方を取っているはずなのにしんどくなる人も

いるんじゃないかなーって思うんですね

 

例えば

『自分が信じている自分』が

ダメな自分だった場合

『ダメであることを信じる』という

「 ち ょ っ と 待 て 」な展開になる

 

だから

『自分はダメだと信じてる』から

解き放たれることが大事なんだけど

それができりゃ苦労しないって

ダメと信じてる人は思うわけです
(じっと手を見る)

 

この『自分はダメだと思う』の原因は

人それぞれだし、そこを深めていってもドツボるので

今回は置いといて

 

その『自分を信じたらドツボにはまる』人は

『自分を信じる』んじゃなくて

『大切な人が信じている自分を信じる』という視点に

立ってみたらいいんじゃないかと

 

グレンラガンというアニメに

『俺が信じるお前を信じろ!』って言葉が出てきます

落ち込む主人公に、主人公が尊敬する魂の兄貴が言うセリフ。

 

40s-animeigen.com

 

主人公は自分がダメだと信じてるけど

アニキは主人公はできると信じてる。

 

『(自分が信じている)ダメな自分』と

『(兄貴が信じている)できる自分』のどちらを選ぶか。

 

自分がダメだと信じてる人は

『自分を信じろ』と言われたら、ほぼ自動的に前者を取ってしまうんです

だから

『あこがれている人、応援してくれてる人、大切な人が信じている自分』を信じることに決める。

 

すると、動けるようになります。

信じているものが変わるから。

どっちにしろ自分を信じてるんだけど

自分の『何を』信じるかが変わる。

 

「私が信じている私はダメだから、失敗する行動をとろう」が

「あの人が信じている私はできるんだから、できる行動をとろう」になる。

 

単純だけど、効きますよん。

 

……

 

ちなみにこの名言、のちにバージョンアップしまして

 

『俺が信じるお前を信じろ』が

『お前が信じるお前を信じろ』になります

 

この言葉がかけられるときには、主人公は成長してます。

さらにこの後、兄貴は退場(婉曲表現)……

主人公は自分を信じてさらなる高みへ登っていくんですね。

 

ちなみにグレンラガンの公式ページはこちら

この記事書いたら見たくなってきた!

天元突破グレンラガン

 

 

 

もしかしたら日本唯一かもしれない『マンガを語れるバー』に行ってきた

とにかくマンガを語りたい系オタク、染宮愛子です。

「マンガは読むだけじゃ満足できない!読んで語り合ってこそ!」

そう思い続けて(ピー)年、

ついに私の願いをかなえるような場所に出会いました。

 

それが

渋谷にある『マンガサロン トリガー』。

f:id:chimakoro:20160820124130j:plain

 

図書館のように、壁一面にずらーーーっとマンガが並んでいて、読み放題。

ここまではちょっとオシャレなネットカフェって感じですが

 

この『トリガー』のいいところは

「そこにいるお客さんと、マンガの話で盛り上がれる」

ってところ。

そう

『語れる』んです。

好きなだけ、好きなマンガについて語れるし、他の人が好きなマンガについて語っているのを聞くこともできる。(もちろん、話に参加せずに一人で読んでてもいい)

 

私、マンガもアニメも映画も「これはいい!」と思ったものは語りたくてたまらなくなるんです。ディープに語りたい(笑)

 

ネットカフェだとそれができないし、普通のバーだとそもそもマンガに興味がない人に話そうとしてしまうかもしれない。最初からグループで固まってるところだと、なかなか話に入れない……

 

でも、ここにはマンガ好きしか来ません。
何のマンガが好きかは分かれるけど、マンガ好きなのは確実。つまり『うむ、果たしあおう(語り合おう)ぞ』ができる。グループができていたとしてもマンガネタで飛び込める。

店員さんはマンガコンシェルジュでもあるので、今の自分の気分にぴったりのマンガを選んでもらうこともできる(もちろん語り合うこともできる)

 

え、なにこれ

パラダイスか!

 

パラダイスだな!

 

ここに来れば『マンガを語りたい』という人に出会える……
これは通い詰めざるを得ない……!

 

ここを見つけて思いましたが

『自分が求める人は、一体どこにいるのか』、つまり『集まる場』を探すのが、出会いたい人に出会う第一歩なんですよね。

 

やりたいことに共感してくれる人が、今の交友関係の中にいるとは限らない。いない可能性の方が高いかもしれない。それは相手が悪いとかではなく、世界の違い。

だから『会いたい人が居る場所はどこなのか』って考えること、いそうな場所に飛び込んでみること。

 

そうすると、思いもかけなかった出会いにめぐり合えるんですね。

 

マンガサロン『トリガー』公式サイトはこちら↓

mangasalon.com

やりたいことほど、がまんしちゃう理由。

おはようございます!

掘り下げオタク、染宮愛子です^^

 

昨日、ジョジョデビューしました!

……いや、何かの大会があるわけではなく、読み始めたってだけなんですが(笑)

 

ジョジョ、前から「読みたい」って思ってたのに

なかなか手を出せなかったんです。

 

絶 対 ハ マ る か ら

 

深読み考察大好きオタクなので、ハマったものは自動的に考察しちゃうんですね。
ダメだと思っても考察せずにはいられない。それが楽しくてたまらない。

そういう自分にバツをつけていたので
『ハマりそうなものは見ない』という選択を取っていたんです。

 

好きだってわかってるから、ハマるってわかってるから、逃げてた。

 

やりたいと思うことほど、ブレーキを踏むってことありませんか?

好きなことやったら帰ってこれなくなる、今の自分が大事だからそれはできない、みたいな。

でもそれって、今の自分が大事なのではなく、気に入らないからなんだと思うんです。気に入ってれば戻ってくるもん。

 

好きな世界を見つけたら、そこで生きる幸せに目覚めたら、気に入らない今までの世界を我慢できなくなる。

それが怖くて好きなことに手が出せない。「好きだけど、たいしたことじゃないから」って、自分で抑えこんじゃう。

 

でも、それってもったいないですよね。

自分の人生、誰に遠慮することもない。

 

観たいものを観て、

感じたいものを感じて、

掘り下げたいことを思う存分掘り下げて、語りたいことを語ればいい。

 

その想いを最初にぶつけたのがジョジョだった、と(笑)

この際だからガンダムもいくぞ! ワンピもH×Hもいくぞ! ヘルシングもいいな、聖闘士星矢も、ダイの大冒険もこの際改めて……

……少女漫画がちっとも出てこないあたりに、趣味が透けて見える……

 

というわけで、今ジョジョ2部(12巻まで)を読み終わったところです。

……うん、予想通りこれは面白い……!

コマ一つ一つ、台詞一つ一つの密度が濃いこと濃いこと……まだまだ先がいっぱいあるので、とにかく今は読み進めたい(笑)楽しみ~!

 

愛されすぎたヤムチャの最高の散り方

私、ドラゴンボールサイヤ人編が好きでして。

そりゃもう、もう、大好きでして。

 

何が大好きって、流れが美しいんですよこの話。

特に『散り方』。

……ほんとに!愛があって役割があるんですよサイヤ人編の味方キャラの散り方!

 

特にヤムチャ

あまりにインパクトある事態にフィギュア化までしてますが

 

p-bandai.jp

まさに彼が愛されている証拠だし、彼が最も輝いた証拠だよなーなんて思うんです。

 

だってね

栽培マンって

ヤムチャを殺すため『だけに』生み出されたんですよ

 

だって栽培マンヤムチャを殺す以外に何にもしてないもん。仲間にもダメージ与えられてないし、そもそもヤムチャ以外を倒したのはナッパだし。

 

なんで鳥山先生が、わざわざサイバイマンのキャラデザして、2話分費やしてまでヤムチャを散らしたかって

彼の『かませ役』というキャラを最大に引き立てるためだったと思うんです。

 

かませ役はヘーキヘーキと言いつつサクッと負けるのがお仕事です。やられても「まあヤムチャだし」で終わる。新たな敵がヤムチャを倒しても、ちっとも強く見えない(笑)

 

ヤムチャがナッパと戦って負けたところで、誰も輝かないし、読者も楽しめなかったんです。

 

じゃあどうするか?

ヤムチャを彼らしく輝かせて、読者に『今度の敵ヤバイだろこれ!?』って思わせるにはどうしたらいいか?

 

その答えが『固有名詞すらついてない、雑魚Aみたいなキャラ(=サイバイマン)にヤムチャが倒される』だったんじゃないか。

 

ヤムチャがナッパに倒されてもなんとも思わないけど、スライムAみたいな雑魚に倒されれば、ヤムチャはかませ役として輝くし、「この戦いはヤバイ」と思わせられる。

 

ヤムチャの魅力を最大限に発揮する、そのためだけにサイバイマンが生まれた。彼を引き立てるためにサイバイマンは星になった。

何気に特別待遇。完全に特別待遇。愛されすぎだろうヤムチャ(笑)

その仕込が大当たりしたからこそ、ヤムチャは色あせない存在になったんじゃないかなーと思うのです。

 

ほんと、愛されてるよねヤムチャ。私も好きだよヤムチャ(笑)

 

p-bandai.jp

 

 

 

 

【8/27】映画で自分の感性を開いちゃう会

映画でも、マンガでも、ゲームでも

最高の作品を味わった後、

自分の感覚が研ぎ澄まされたと感じたことはありませんか?

何でもない景色が、できごとが、素晴らしいものに変わりませんか?

 

楽しませること、心を揺さぶることに全力投球した作品は

人間の『感性のスイッチ』を入れてくれます。

普段は閉じている感性を開き、感じ方、考え方、見えるものを変えてくれます。

 

でも、その『スイッチの入った状態』は

そのままにしておくと、あっという間に消えてしまうもの……

 

鉄は熱いうちに打て。

では、その『最高に感性が開いている瞬間』を共有して、語り合えたら?

感性を開かせた作品の中から、気づきを集め、自分の行動を変えていけたら?

 

『知識を入れて、考える』ではなく

『感性を開いて、語り合う』。

 

エンタメは、人の感性の扉を開きます。感情の扉を開きます。

その『開いてる状態』で話したら、

どんだけ密度が濃く、楽しく、動かずにいられない自分になるでしょうか?

 

ひとつの作品に対して、感じることは十人十色。

だからこそ、それを語り合うのが楽しいし

その『語り合う』中で、『それだ!』って気づきが生まれていきます。

 

そういう場を創りたい!

 

ということで、8/27(土)に東京にて

 

『映画で自分の感性を開いちゃう会inホテルのスイートルーム』

を開催します^^

 

もちろん、ただ映画の感想を言い合う会ではありません(笑)

 

大事なのは

感じたことを、どう活かすか。

 

つまり

『感性を開いて感じ取った自分を、どう広げていくか』。

 

内容についてはもちろん、

キャラクター設定、ストーリーの流れなど、

様々な視点から映画を掘り下げ、

自分自身のこと、自分の行動に落とし込んでいくワークを行いたいと思います。

 

『心を揺さぶり、感性を開く作品を見て』

『そこから、自分は何を生み出すか?』

感性が開いた状態で語り合う楽しさを、ぜひご堪能ください♪

 

こんな方にピッタリ

☆ アニメや映画について語り合うのが好きだ!

☆ 自分が好きなことを広めたい!

☆ 志を同じくする人たちと、リラックスして語り合いたい!

☆ 相手の心にカチッと嵌る伝え方を知りたい!

☆ 自分の書くもの、伝えるものに『面白さ』を加えたい!

☆ 学んできたことを『自分らしい形で』表現したい!

 

 

===========================================

開催日 8/27(土)15:30~20:30(懇親会込)

会場 東京(参加者にお伝えします)

価格 43,200円→27,000円(懇親会費込・初回サービス価格)

※テーマとなる映画については、参加者にお伝えします

 

お申し込みは下記をクリックしてください^^

www.secure-cloud.jp

===========================================