人生は、楽しいストーリーにしたもの勝ちだ

レベル1から始める人生劇場、行きまーす!

15分de即興小説

ある島の食卓(15分、お題『とてつもない母』)

「お母さん?」 いつもなら起こしに来るウザったい声が、今日に限って聞こえなかった。時計を見ると午前8時13分、全速力で用意しても校門に滑り込めるギリギリラインの時間。普段はここまで寝てたらたたき起こされてお小言20分コース、むしろそれが遅刻の…

掌の空(15分、お題『穏やかな反逆』)

抜けるような、透けるような、果てしなくのしかかる青空の元に僕は立っている。『立って』いるのか『刺さって』いるのか、ここは上なのか下なのか、疑いのまなざしを向けたくもなるけれど、やっぱり空が上で地面は下だ。僕にとっては。上は手が届かない。下…