人生は、楽しいストーリーにしたもの勝ちだ

レベル1から始める人生劇場、行きまーす!

『私なんか』の『私』は、ひとりじゃないんだな、これが。

「私なんかがやっていいのかな」

って言いたくなるときって

自分のことしか考えてないのかもしれない

 

なんでかって?

 

そう思ってるのは『私だけ』だから

 

ふさわしいかどうかとか

合ってるかどうかとか

うまくいくかどうかとか

そんなのやってみなけりゃわからないし

 

そもそも

「私なんか」って言った時点で

私の周りにいる人……教えてくれた人、支えてくれた人、一緒にやってくれた仲間、お客さん、この記事を読んでる人 その他もろもろ

自分に関わった人たち全員を、下げてしまっているんだよね。

 

『私』は一人だけれど、

私が今、この瞬間にいるまでにはたくさんの人との繋がりがあるし

今もあるし、いっぱいあるし

そういう『繋がり』を意識できていないから

「私なんか」って言えてしまう

 

私なんか、って言葉は

『私と私を取り巻く人たちなんか』って意味なの。

本人にその気がなくてもね。

 

だから

胸張ってやればいい。

 

それに

わたしがやることで

あなたがやることで

伝わることもあるし

できることもあるし

開けることもあるの。

 

同じように

「私だからできる」も

「私自身と、私をここまで育ててくれた人、見守ってくれた人、支えてくれた人、仲間、その力を合わせた『私』だから、できる」

なんだよね。

 

だったら

どっちの言葉を使いたいか?

どっちをやりたいか?

 

ほんとに

『オレが信じるお前を信じろ』って某アニメの名言は、名言だと思う(笑)