人生は、楽しいストーリーにしたもの勝ちだ

レベル1から始める人生劇場、行きまーす!

地震・雷・火事・ゴジラ。

絶賛上映中の『シン・ゴジラ』見てきました。あまりにも周りが絶賛・絶賛だったので「そんな面白いなら見に行かねばなるまい」と、お気に入りのオレンジのワンピースを着て一人で行ってきました。何で一人かって? 誰かを誘って予定を合わせることすらもどかしいぐらい見たかったからです(真顔)

 

結論から言うと、見てよかった。本当にすばらしい映画でした。

 

ちなみに私はゴジラシリーズは見たことがなく、エヴァはマンガ版は全巻読破したもののアニメ版は途中で挫折、エヴァの新劇場版シリーズも見ていないという、予備知識がほとんどない状態です。なのでモチーフとか過去作のオマージュがまったく分かりません。そして取り立てて特撮が好きなわけでもない。そういう人間でも楽しめたので予備知識がない人も安心して映画館にGOしてほしい。これは映画館で、大スクリーンで見るものだと思います。テレビだとどうしてもゴジラが小さく(物理)なっちゃうし。

 

なるべくネタバレなしで感想書きますが、乗ってきたらポロリする可能性もあるのでネタバレ嫌な人は回れ右をしていただければ。そして書いているうちに「これ感想じゃなくて考察だな」と思ったんですがそのままいきます(笑)

 

……

 

 

シン・ゴジラのキャッチコピーは『現実(ニッポン)VS虚構(ゴジラ)』ですが、映画の内容はまさにこの通りでした。ニッポン、という仕組み、そこに生きる人々、文化、技術、その全てとゴジラが対決する物語。

といってもゴジラは明確な悪意を持って日本を滅ぼしに来たわけではなく(少なくとも作中からはそういう意図は読み取れない)、誤解を恐れずに言えば『人間(ニッポン)は相手にすらされてない』。私たちが日ごろ歩いてるときに目の前のアリの列を気にしないのと同じ。初期形態のゴジラの動きは「目覚めたのでちょっと朝の軽い運動しようと思った」ぐらいのノリを感じました。それぐらい無視されてる。

他シリーズのゴジラがどうなのかは知らないけど、少なくとも今回のゴジラは登場時点では人間を敵視していないんです。存在すら認識してないだろレベル。ゴジラに話を聞いたら「散歩の邪魔だったから壊しただけなのに、敵意なんかないのに、突然攻撃されて痛かったから反撃+生存のために排泄(熱)しただけなのに……(ぐすん)」って嘆かれるかもしれない。しかも、進化後もあくまで『降りかかってきた火の粉を払おうとしてる』だけで、自分から積極的に破壊してる感じはない。熱放射シーンは明らかに攻撃を加えられた結果だった。ゴジラという生命体のスケールと動きがたまたま人間と衝突してしまった、不幸な事故みたいな話。

 

『そもそもこっちを認識していない(問答無用ともいう)』『存在するだけで危険』そういう意味でゴジラは天災に近い。『生き物である』という弱点を持った天災。ゴジラは生き物であるがゆえに、倒せる可能性がある。だから国を挙げてそれを信じて、打倒ゴジラに向けて動いていく。天災に対して指をくわえているしかできない日本だからこそ、止めたい……そんな風にも見受けられる。そして実際、物語はゴジラにお帰りいただくのを座して待つのではなく、打倒する方向へ向かっていく。もちろん状況的に放置なんかできるわけもないけどそれはそれ。

 

そんな『生ける天災』に対する最後の対処法が『動きを止める』と『犠牲が出てもいいから倒す』の2択になったのがまた面白い。前者はいつ復活するか分からないし元を断つことにはならない。後者は前者よりも圧倒的な犠牲を伴うものの、元を断つことはできる。元を断ったほうがスッキリするし、諸外国が自分たちに被害が及ばないように倒す派になったのは仕方ないことだったと思う。それでも日本は倒さない道を選ぶ。リスクが残り続けることを覚悟の上で作戦を決行する。それは災害大国なのを百も承知でこの地に住み続ける日本人の意志をあらわしているとも言えるかもしれない。

 

そして最終作戦。ゴジラという天災に挑んだのは非日常と日常のコラボ。米軍の戦闘機という非日常にサポートしてもらいながら、日本は日常見かけるアレとかコレ(ここだけはさすがに伏せたい)でゴジラの停止を狙う。見た目は地味でシュールでさえある最終作戦は、『非日常の天災に日常で対応していく私たち』を浮き彫りにする。アレを足止めに使うアイデアは過去作にはなかったと知り「庵野監督は天才だ」と思いました正直。東京都民、特に新宿辺りを拠点とする人ならJRを拝まざるを得ない。そして見事目的を達成しながらも、観客にカタルシスを感じさせない幕引き。他の映画なら「作戦、成功です!」「やったー!」って沸き立つシーンを入れるだろうに、それを一切やらないあたりが本当にリアル。この辺も『過ぎ去るだけで、根本的に排除することはできない』天災とよく似ている。

 

……と、こうしてみると『シン・ゴジラ』は『生命という弱点を備えた天災』に翻弄される日本の物語といえるのかもしれない。そしてその『生命という弱点を備えている』という一点が、天災に散々見舞われている私たちにとっての希望に映る。地震も台風もゲリラ豪雨津波も止められないけれど、ゴジラは止められた。そこにカタルシスはある。けれど、倒していない以上いつかは復活する可能性がある……他の天災と同じく、『また同じような目に会う』可能性は残り続ける。それでも日本という国は立ち上がり、うまいかどうかはわからないけれど、災害と付き合って生きていく――地震・雷・家事・ゴジラとなった災害大国として、力強く。

 

……と、長々と書いてきましたが、結論から言うと『ガンガン掘り下げて語り倒したくなるぐらい面白かったです!』ということです(笑)単純に娯楽映画としても楽しめるし、読み解こうと思えばいっくらでも読み解ける、そんな魅力にあふれた作品でした。

 

もう一回見に行こうかなー