人生は、楽しいストーリーにしたもの勝ちだ

レベル1から始める人生劇場、行きまーす!

吸引力の変わらないただ一つの伝え方

こんな話をしたことがある。

 

あなたは野球が大好きで、友達を野球に誘いたいと思った。

野球の魅力をアツくアツく語って、○○もやろうよ!と誘った。

 

しかし、相手は野球のことがまったく分からないので

イマイチ、ピンときていない模様。

 

さて、こんなとき

あなたならどうする?

 

私なら

野球観戦に連れて行くか

自分が出ている試合を観に来てもらう。

 

そうすれば

彼の中で『聞いたこと』でしかなかったことが

もっとカタチとなり、現実となって響くから。

 

この

『野球観戦に連れて行く』『自分が出ている試合を観に来てもらう』に相当するのが『ストーリー』だったりする。

 

『ストーリー』には、『混ざりたい!』と思わせる吸引力がある。

説得を超えた説得力が、アピールを超えた魅力がある。

 

スラムダンクが大流行したとき、バスケ部には入部希望者が殺到した。

それまでバスケはマイナースポーツだったのに。

キャプテン翼を読んでサッカー選手を志した人も数え切れないほどいる。

おもしろいストーリーは某ダイ○ンの掃除機のごとく『吸引力の変わらないただ一つの伝え方』だったりする。でなければ神話が生き残ってるわけがない(笑)

 

ストーリーとして語る、ストーリーで伝えるのは

『相手を幸せにするためにも』めちゃくちゃ大事。

 

説教は聞きたくなくても、ワンピースのルフィの言葉は聴きたくなる、それと同じなのです(笑)