人生は、楽しいストーリーにしたもの勝ちだ

レベル1から始める人生劇場、行きまーす!

親の期待は『幸せになれよ』一択かもしれない

遅いお盆というか、もろもろの用事があって実家に行ってきました。

といっても電車で一時間ぐらいの東京都内なんだけど。

 

 f:id:chimakoro:20160816230509j:plain

 

父と色んな書類を整理しつつ、しっかり話し込んでみて

自分がどれだけ『勝手に背負っていたか』を感じたな~。

 

私は相当、かなり、結構『親の期待』を背負ってきた。

 

 

……と、思っていた。

 

 

でも、実際に私が背負ってたのは

『親は私にこういう生き方を期待しているだろうという思い込み』だったことが判明(笑)

 

考えてみれば、うちの両親
「いい学校にいって、いい会社に勤めて、いいお婿さんもらって」とか一回も言わなかったよ! 私が企業勤めに向かないってことぐらい百も千も承知だったよ!

 

親が言ってもいない期待を勝手に作り上げ、
「親が押し付けてきたー!」って拗ねていただけという、この間抜けさよ!

 

自分が作り上げた『想像上の両親の期待』を背負って、ひっくり返ったカメみたいい足をばたつかせていたという、なかなかのコント。

3○年も同じネタやってて飽きなかったんだから、私の忍耐力も相当なもんだ(笑)

 

そう。

周りは私に対して『私が考えるような期待』はしていない。

『幸せになってほしい』という期待はしてるけど、その内容については私に任されているんだよね。

 

だから、幸せを感じて生きていれば、それだけで期待に応えていることになる。それだけで親は安心するし納得する。

『○○になれ』ってのも、○○になってほしいわけじゃなく、『○○になったら子どもは幸せになれると思ってる』だけなんだよね。

 

「親からの期待が重くて」と思ってる人がいたら、私はこう言いたいな。

『もしかしたら、その親というのはあなたの空想上の存在ではないでしょうか』