人生は、楽しいストーリーにしたもの勝ちだ

レベル1から始める人生劇場、行きまーす!

【人生逆転クエスト第2話】レベルは掛け算。

いらっしゃい。ここは成幸亭、成幸したい冒険者のための酒場だよ。

今日は何がお望みだい?

 

=====================

第2話『レベルは掛け算』

=====================

 

「マスター、前回コミュニケーションレベルの話したけどさ。そもそも、どうして『コミュニケーションレベル』と『スキルレベル』を分けてるの?」

 

「そりゃお前さん、分けた方が気楽に成幸できるからに決まってるだろ」

 

「気楽……?」

 

「そう、気楽。駆け出し冒険者はとにかく諦めとの戦いだからな、気楽に捉えることが何より大切なんだ。じゃあ今日はその辺の話をしようか。

スキルレベルについては、ここでは特に言うことはない。普通に『自分が今できること』だと思ってくれ。

で、今お前さんが言ったとおり、冒険者としてのレベルは『スキル』と『コミュニケーション』の掛けあわせで決まる。ここ、『掛け算』ってのが大事なんだ。

例えば、好きなことで仕事をするために必要なレベルが『30』だったとしよう。このレベルに達するために、お前さんは何をする?」

 

「そうだなぁ……スキルレベル上げるかな。そっちなら、自分でもできそう。コミュニケーションは今、ちょっと凹み気味だし」

 

「なるほど。スキルレベルだけを上げるという発想だな。もちろんそれもアリだ。お前さんのコミュニケーションレベルは『3』。てことは、仕事をするにはスキルレベル『10』が必要だ」

 

「……け、結構ハードル高くない……?」

 

「高いな。今のスキルレベルも3だとすると、血を吐くぞ」

 

「うっ……」

 

「だが、ここで『掛け算』が生きてくる。答えが30になる掛け算は他に何がある?」

 

「5×6。あと、その逆」

 

「そうだな。コミュニケーションレベル5、スキルレベル6だ。……さっきのと、どっちが簡単に思える?」

 

「もちろん、5×6ですよ! ……あれ?」

 

「そう。この2つを分けることによって、やれること、できることが手の届く範囲になるんだ。もちろん、即届くわけじゃないかもしれない。でも、3から10の道のりより、3から5と3から6の方がずっとラクに思えるし、実際ラクだ」

 

「そっか、分けるとハードル下がるんだ。できるって気がしてくる」

 

「世の中にはスキルレベルだけで突き抜けてる天才もいれば、コミュニケーションの達人もいる。でも、それは『類まれなる才能』の持ち主というやつだ。後世に残る芸術家とかな。彼らと同じことをしようとしても、凡人には難しいだろ?
だからこそ、掛け算、割り算の思考で考えていけばいいのさ。

……さ、それが分かったらさっさとレベル上げ行ってこい」

 

「ラジャー! 元気出てきた、行ってくる!」

 

=================

本日のTIPS

● 活躍できるかは『スキルレベル』と『コミュニケーションレベル』の掛け算で決まる

● 掛け算なので『片方をとことん延ばす』と『両方を上げる』の選択ができる

● 両方を上げるほうが、結果に早く手が届く!

=================