人生は、楽しいストーリーにしたもの勝ちだ

レベル1から始める人生劇場、行きまーす!

【人生逆転クエスト第5話】比較は暇つぶし!?

いらっしゃい。ここは成幸亭、幸せに成功したい冒険者のための酒場だよ。

今日は何をお望みだい?

 

=======================

第5話

比較はヒマつぶし!?

=======================

 

「(キョロキョロ)」

 

「ん? どうした? 知り合いでも探してるのか?」

 

「いや、そういうわけじゃないんだけど……改めてここに集まってる人を見ると、みんな強そうだなって」

 

「そりゃ、ありとあらゆる冒険者が来るからな。レベルも職業も装備もバラバラだ」

 

「うん。……変なこと聞くけどさ、私ってこの酒場ではどのぐらいのランクなの?」

 

「は?」

 

「厳密なランキングはないだろうけど、こう、レベル別に並べたときの順番とかさ、どうなのかなって」

 

「あー……なるほどね。

お前さん、今ヒマだろ」

 

「あ、はぐらかした」

 

「いや、はぐらかしてないぞ。事実を言っただけだ。人と比較するのはヒマ人の証だからな」

 

「……え、マジで」

 

「おうよ。考えてもみろよ、比較して経験値が上がるか? 新しい技を覚えられるか? もちろん、他人との違いを見つけることは大事だが、比較することそのものには百害あって一理なしだ」

 

「そうなの? 自分の立ち位置を確認するのにいいかなって思ったんだけど」

 

「それは『他人によって自分の位置が左右される』ってことだぞ。しかも、比較となると相手よりも上か下かしかないから、結局ゆがんだ感情に捕まっちまう。そんなことしているヒマがあったら、今積める経験を積むことだ」

 

「ド正論……ッ! で、でもさ、どうしても心をよぎることってあるじゃない? そのときはどうすればいいのかな」

 

「相手にしない」

 

「え」

 

「さっき俺がお前さんにやったことだよ。『比較したい』というささやきが来たらまともに取り合わないことだ。ヒマつぶしに付き合ってもしょうないだろ。
それでも気になって仕方がないときは、まったく別のこと……身体の感覚を意識するとか、まったく別の作業をするとか、気分を変える行動を取ることだ。目を閉じて足踏みするだけでもだいぶ違うぞ」

 

「そっか、これって相手にしなくていい感覚なんだね」

 

「そういうこった。さ、分かったら今日の仕事に行ってこい」

 

=================

本日のTIPS

● 比較はヒマつぶし

● 違いを見つけるのと比較するのは別物と心得る

● 比較したい気持ちには応対せず、別の行動を取る

=================